マキノ出版より『慢性副鼻腔炎を自分で治す(つらい鼻づまりがスッキリ!)』が出版されます。

 

これまでも、書籍や雑誌で繰り返してきたことですが、副鼻腔炎、花粉症、上咽頭炎などでお困りの方がたくさんおられます。
最近は、重複する内容も多いのですが、雑誌や書籍などでの記事執筆依頼を、たいへん多くいただいています。それだけお困り、不調の方が多い裏返し、ということでもあります。

書籍タイトルには、「自分で治す」とありますが、適切な診断や治療を 病院耳鼻科、耳鼻科開業医で受けていただく必要があることはいうまでもありません。
ただ、こうした治療ではあまり改善が見られず、長年(受診患者さんには、20年、30年わずらっているとおっしゃる方もめずらしくありません)の不調にお困りの方がおられることも事実です。かといって、病院では手術をするか(手術の適応がある方は、手術もとても大切な治療の選択肢です)、それ以外は、去痰剤、抗アレルギー剤、抗生物質が、ただただ処方されるだけ…

やはり、「自身自医」。自分自身が、もっとも大切な主治医です。こうした書籍をお読みいただいて、自身の状態を自分でも把握して、適切な治療に加えて、取り入れられるケアを行って、少しでも これまでの不調が楽になっていただければと思っています。

きたにし耳鼻咽喉科